Work for Humankind:レノボの技術で離島に可能性の世界が開く

Work for Humankind(人類のための仕事)により、レノボは世界で最も遠く離れた場所の1つであるロビンソン・クルーソー島のワークスペースから、永続的な技術ソリューションを通じて、継続的な保護活動を支援することが可能に。 レノボの技術ハブにより、ロビンソン・クルーソー島で初めて、1Mbpsから最大200Mbpsにインターネットをアップグレード。 島の現地コミュニティーの30%がレノボ技術ハブを利用。 レノボ CO2オフセット・サービスにより、同島のプロジェクトで使用されたハードウエアデバイスの炭素排出量を相殺。 離島にLenovo ThinkEdgeサーバー技術を導入したことで、アイランド・コンサベーションは、人間の干渉を最小限に抑えながら野生生物を撮影した6カ月分のカメラトラップのデータを、わずか1週間で処理することに成功。 動物の状態に関する重要な洞察的知見が、数週間ではなく数分で分かるようになり、保護活動が改善された。 米ノースカロライナ州リサーチパークトライアングル–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — アイランド・コンサベーションおよびロビンソン・クルーソー島のコミュニティーとの画期的な提携の一環として、レノボは「Work for

error: Content is protected !!