Mac

メディデータ、治験開始までの時間を短縮し、患者エクスペリエンスを改善するmyMedidataアプリを新たに発表

顧客と患者からのフィードバックを基に設計され、eCOAおよびその他の分散型臨床試験(DCT)における選択肢を拡大 新機能であるMedidata Designerビルドツールを搭載したmyMedidataアプリは、試験開始までの時間を大幅に短縮 Rave EDCを含むメディデータプラットフォームと完全に統合 患者は本アプリかウェブベースのポータルサイト、BYODもしくはアプリがプロビジョニングされたデバイスのいずれでもmyMedidataアカウントを使用できるため、患者の選択肢が増え、アクセスの向上もサポート 業界唯一のターンキーDCTソリューションは、メディデータのエキスパートチームによる知見とデータおよびプライバシーの模範的な基準基準に基づいて構成 ニューヨーク–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– ダッソー・システムズ傘下のメディデータは、患者中心の実現をサポートするソリューションとして、新たにmyMedidataのネイティブアプリを発表しました。これは、治験参加者が単一のログインでリモート試験のあらゆる活動を行えるようにしたもので、シームレスなプラットフォーム体験を実現する新しい選択肢の1つとなります。 本アプリは、今後、myMedidataのすべての患者向けソリューションを搭載するアプリケーションとして、治験参加者自身のデバイスや、同アプリケーションがインストールされたデバイスから利用できます。myMedidataアプリはiOSとAndroidで利用可能で、リリース後の第一段階として、eCOA(電子的臨床アウトカム評価)の機能に重点をおき、今後段階的に他の患者向けソリューションの機能を追加していく予定です。 メディデータのペイシェント・クラウド担当シニアバイスプレジデントであるマット・ノーブルは、次のように述べています。「メディデータのmyMedidataに新たに加わった革新的なアプリは、当社のPatient Insightチームや顧客からのフィードバック、そして過去20年間にわたる多くのDCTのサポートから得られた経験に基づいて設計されています。メディデータは、治験依頼者、医薬品開発業務受託機関(CRO)、治験実施施設、患者から得た独自のインサイトを活用し、臨床試験体験の変革に挑戦していきます。」 業界独自の特性として、myMedidataアプリはRave EDC(電子的データ収集)を含むメディデータプラットフォームと統合されることで、完全に自立したエコシステムを実現しており、患者からの意見の反映、施設ベースの活動、バックグラウンドのデータ管理がシームレスに連動します。

error: Content is protected !!